よくあるご質問
 
  1、鍼は痛くないですか?

鍼と言うと「縫い針や注射針」のイメージが浮かぶ人が多いようですか、実は鍼灸治療用のはりは毛髪ほど細く、しなやかで、ほとんど無痛です。はりと言っても、注射針のような痛みを感じることは絶対ありません。
 2、肝炎やエイズに感染する心配は?

ございません。
当院の鍼は全部使い捨て鍼ですから感染症などのご心配は全くなく安全です。
  3、鍼灸治療は初めてのため、ちょっと不安なのですが・・・・?

当院は鍼に慣れていない方や、鍼に対して恐怖感をお持ちの方に無極気功鍼と接触鍼(刺さない鍼)治療を行っています。初めての方でも安心です。
  4、鍼の副作用はありますか?

副作用はありません。
 ただし、場合によって、鍼に対する感受性の関係によって、体が一時的にだるくなったり、立ちくらい等の様々な症状が出てくることがあります。これは瞑眩(めいげん)反応また好転反応と言います。これは異常なものではなく、体が元の健康状態に戻ろうとする正常な反応ですので、通常2~3日で落ち着きl、心配は要りません。

 5、お灸は熱くないですか?

お灸は大きく分けると有痕灸と無痕灸がある。

 有痕灸は皮膚のツボ上に直接灸を置いて施術する方法です。

 無痕灸は知熱灸、温灸、隔物灸l、薬物灸などがあります。

 当院では、お灸のあとが残らない温灸など心地良い治療を行っております。
  6、治療頻度及び回数はどれぐらいですか?
 
 急性期での治療は短期間で軽減するのですが、慢性になると気長に続けなければなりません。病気や症状の軽重にもよりますが、初めのうちは週に2~3回のペースで治療することをお勧めします。治療を重ねるにつれ、徐々にご自身の治癒力が高まり、体が整って来るので、その後治療期間をあけて、定期的に体の御手当てをしていくことになります。
 
  7、来院の時はどんな服装が良いですか?
 
 基本的には普段着でお越しください。
必要に応じて患者様用のお着替えに着換えて頂くことがございます。
ベットにはバスタオルのご用意もございます。
 
  8、漢方薬との併用はできますか?
 お勧めします。
漢方薬は鍼灸治療と共に東洋医学の重要な構成部分です。

漢方薬は胃腸から吸収され、鍼灸は全身の経絡を通じて自律神経を整えることで、バランスを調整するため相乗効果が期待できます。

 
9、健康維持の目的で鍼を受けられますか?
大いにお勧めします。
鍼灸は全身の気血の流れやバランスを整えた上で、免疫力も高めます。

実際に長年鍼灸治療を受けている方は、体調が良く、風も引かなくなり、養生にも繋がっていきます。

ご婦人の方は更年期障害が軽く、短く過ごせます。

 
  10、美容、ダイエット目的で鍼を受けられますか?
大いにお勧めします
美容鍼による小顔づくりや脂肪燃焼などの効果が期待できます。
鍼は皮膚の血行よくすることで、美肌やリフトアップなどの美容効果十分あります。